« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年5月

2017年5月26日 (金)

■ベランダ・グリーンカーテンを造る。

~今年の「スーパー盛夏」に備えてグリーンカーテンを造る~

_1_2

◆気象庁によると今年の夏は「シベリア高気圧」が南下し「スーパー盛夏」と言われるほどに猛烈な暑さが続くという。ベランダに「グリーンカーテン」を作りはじめた。清澄白河花壇の会から支柱となる棒立てを借り手、すでに伸びているツルを支柱に巻き付けた。成長が楽しみだ。朝夕2回の水やりが欠かせない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

■「戦艦ポチャムキン」(1925年 ソ連作品)を観る

~夢か現実か、ハルキさんの熱弁が今日のリアルな社会を思い起こさせる~

1925◆世界映画史上に輝く『戦艦ポチヨムキン』(1925年ソ連作品/アメリカ編集版)を観る。

◆映画技法の〈モンタージュ理論とフォットジェニー理論〉の一つ〈モンタージュ理論〉で描いて有名なエイゼンシュテイン監督・脚本『戦艦ポチェムキン』をハルキ弁士が熱弁を振るう。

◆夢か現実か、1905年にロシア革命の20周年記念映画が今日のリアルな社会を思い起こさせる。

◆同じく1925年に製作された無声映画、内田叶夢監督・脚本の『虚栄は地獄』がハルキ弁士付で上映された。大正12年に起きた関東大震災後の社会状況を伝えていた。

1925

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

■LDL(悪玉)コレストールを「正常値」にすると「貧血状態」になる

~LDL数値84(mg/dL)を指示値69(mg/dL)にすると「貧血状態」になる~

◆1月27日、「もう一人の主治医」からLDL(悪玉コレステロール)84mg/dLを「70」以下にするように「指示」を受けた。「コレストール」を下げる「アトルバスタチン」を5mgから10mgと倍に変更された。3ヶ月経過後の4月17日、「かかり付け医」に「血液検査」を受診。検査の結果84→69mg/dLと70mg/dL以下の指示値を得た。

◆しかし、貧血の要因を示す「ヘモグロビン」数値13.9g/dLが13.3g/dLと「」を表示した。基準値は男子13.5-17.5である。わずかであるが低くなっている。「アトルバスチン」が貧血の要因となる「ヘモグロビン」を低下させる。「あちらを立てればこちらが立たず」、薬の良・悪が同時に出る。

_4_17_2017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

■「知事抹殺」の真実を観る

~福島県知事前佐藤栄佐久氏の摩訶不思議な有罪事件の背景~

Photo◆ドキュメンタリー映画を上映する「UPLINK渋谷」で「知事抹殺」の真実を観た。5期18年、県民の絶大な支持を受けて「地方分権・地域主権」の旗印の下、道州制、原子力政策で「闘う知事」として福島県を支えてきた。

◆福島県前知事佐藤栄佐久氏に対する「謎の収賄事件」で2009年10月14日、東京高裁にて懲役2年・執行猶予4年、賄賂額0円の有罪判決、2012年10月16日、最高栽は上告棄却した。

◆収賄額ゼロという前代未聞の収賄罪が確定した。何か有罪にしなけばならない理由があったのだろうか。国家権力に真っ向から異議を唱える人間の抹殺か。

◆予言していた2011年3月11日の原発事故への問題提起も高く評価されている。

◆われわれは佐藤栄佐久氏の「無罪を信じています」を支持します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

■ヤブツバキとツバキゾウムシの軍拡競争

~人類の知恵の真価が問われている~

Photo日本の〈ヤブツバキ〉の果実に〈ツバキゾウリムシ〉の雌成虫がツバキの種子に産卵を行う。このゾウムシ雌成虫の攻撃に対し、ツバキ側も極端に果皮を厚くするという防衛機構を発達させる。

◆ツバキゾウムシも極端に長い口吻(こうふん)を用いてツバキの果実を穿孔(せんこう)し、果実内部の種子に産卵を行う。口吻長と果皮厚とが共に共進化しあう。これを〈軍拡競争〉に例えられる。

◆今日の「北朝鮮に対する日米軍拡情勢に類似する」、人類の知恵の真価が問われている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「ラジオパーク in 日比谷2017」に行ってきました。

~ニッポン放送朝5時の徳さんの番組を聞いて「ラジオパーク in 日比谷」へ~

◆毎年日比谷公園で行っているニッポン放送のお祭りである。8時30分~10時八木亜希子氏の番組に徳光和夫氏がゲスト出演するらしい。5時からの「とくもり!歌謡サタデー」に続いて9時30分からゲスト出演するという。東雲を7時30分に出て「日比谷公園」に8時00分に着いた。今年は日比谷音楽堂ではなく、脇の芝生エリアにメインステージが用意されていた。

In_2017_3◆すでに大勢の人がステージ前に集まり、公開放送の演習が行われていた。ステージと観客の間に緩衝エリアがもうけられ、「撮影・録画禁止」が表示されていた。撮影は諦めた。

◆8時30分、拍手に迎えられて八木亜希子が現れた。9時30分前、徳さんがテントから顔を出した。私に気が付いたかは分からない。

◆徳さんとは大学の放送研究会からの仲間で、江東区古石場文化センター主催の第7回(2014年)江東シネマフェスティバル・テーマ「昭和を語る~映画とテレビ゙の時代~」で出演して頂いている。

◆TBSの『路線バス』の人気も重なって八木亜希子との30分間の対話は、その話で「あっと」間に終わり、次の10時からの高嶋ひでたけとアシスタント東島依里の「あさラジ!」の会場「にれの木広場ステージ」に移動した。ここでもすでに大勢の観客でいっぱいであった。目当ては人気の東島依里アナであった。

◆「左内頸動脈狭窄症」ステント治療術後の私には「立ったまま」では辛いので隣のブースの「菊正宗」新製品サンプリングを頂いて試飲しながら「あさラジ」の終了を待っていた。

◆脇では別チームの女子アナが放送前のインタービュー取材をしていた。女子アナに気が付いた人たちが声を掛けたりしていた。

In_2017_4_4◆高嶋ひでたけの「あさラジ!」の終了を待って、徳さんが帰路するであろうテント裏口に移動した。番組終了後、東島依里アナと高嶋ひでたけがフアンへのサービスにテントから出てきた。

◆ふたりを追ってフアンが集まり、私も東島依里アナの差し出す手に合わせて握手した。徳さんは別な出口から消えたらしい。会えなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »