« ■懐かしい小野比呂志先生の「たそがれ酒場」のスチール写真 | トップページ | ■「七草がゆ」の効用 »

2017年12月18日 (月)

■活動弁士ハルキによる『椿姫』上映を観る!

みなとシネマクラブ~弁士・ハルキによる無声映画会~

Photo_3◆みなと図書館(港区芝公園)で定期的に開催されている《みなとシネマクラブ》12月のプログラムは弁士:ハルキによるサイレント映画会です。

・日時:2017年12月16日(土) 開演午後1時[開場:午後0時30分]

・上映作品:『椿姫』(65分)

 1921年アメリカ作品 原作/アレクサンドル・デユマ・フィス

 監督/レイ・C・スモールウッド

 主演/アラ・ナジモヴァ、ルドルフ・ヴァレンチノ

 弁士/ハルキ

・会場:港区立みなと図書館・視聴覚ホール(都営三田線「御成門駅」A1出口徒歩1分)

・入場料:無料(会場先着順 定員90名)

・問い合わせ=みなと図書館 TEL03-3437-6621

オフィス・アゲイン 平日 10:00-18:00 TEL/FAX 03-5697-8090
🏣120-0003東京都足立区東和3-18-4

ウイキペデイア(抜粋)

小説 『椿姫』(つばきひめ、原題:La Dame aux camelias)はアレクサンドル・デユマ・フィス(小デユマ)が1848年に実際の体験を基にして書いた長編小説。小デユマ自身による戯曲も掛かれた。主人公のモデルはかつて作者が交際していたマリー・デユプレシという高級娼婦。この作品は人々に愛されて幾度も舞台化、映画化され続けてきた。演劇に写実主義を初めて持ち込んだ作品でもある。

あらすじ

19世紀中ごろのパリ。夜の世界(ドゥミ・モンド)に生き、月の25日間は白い椿を身に付け、残り5日の生理期間には赤の椿を身に付けたために人々から『椿姫』と呼ばれた高級娼婦マルグリット・ゴーティエは贅沢三昧の生活に心身共に疲れ果てていた。そこに現れたのが友人に紹介された青年、アルマン・デユヴアルだった。青年の正直な感情に最初は戸惑いを覚えていたマルグリットだったが、今の生活を捨て、パリ近郊にあるアルマンの別荘で幸福の時を過ごすが、それは長くは続かなかった。息子のよからぬ噂を聞いて駆けつけたアルマンの父親がマルグレットに息子と別れるように告げた。それを聞いて彼女は驚いたが、それでも真実の愛に満たされた彼女はある決意をした。

何も知らないアルマンはマルグリットに裏切られたと思い込む。アルマンの醜い仕打ちに毅然として耐え続けていたマルグリットだったが、ある夜、アルマンの家を訪れる。

舞台

『椿姫』は小デユマ自身によって1849年に戯曲化され、翌1850年に上演されて大成功を収めた。以後も現在まで上演され続けている。主人公のマルグリットはサラ・ベルナールらの歴代の女優によって演じられてきた。日本でも初代水谷八重子や美輪明宏、坂東玉三郎、大地真央などが演じた。

また、小説や戯曲版を原作として、オペラやバレエも生まれている。とりわけオペラ(イタリア語版)はこの題材を全世界へ広げた大ヒットであり、日本でも毎年のように上演がおこなわれているほか、半世紀以上にわたって多数の録音盤や映像ソフトが発売され続けている。

映画

この小説は何度も映画化されている。

有名なところではサイレント映画の時代(1921年)のアラ・ナジモヴァとルドルフ・ヴァレンティノ版。今回の弁士ハルキさんによる上映作品はこのサイレント時代(1921年)アメリカ作品である。
トーキーになってからでは1936年の椿姫(なお日本公開は1937年)のジョージ・キューカー監督のグレタ・ガルボ、ロバート・テイラー版(これらの原題はCamille)ナジモヴァの椿姫は存在感あふれ、死の床でのガルボの演技は神憑かりと言われた。ワーナー・ホーム・ビデオのDVD「椿姫 特別版」には両者が収められている。

Photo_2◀平成28年度江東区自悠大学で活動弁士ハルキさんの無声映画上映終了時に記念写真。気軽に撮影に応じていただいた。

|

« ■懐かしい小野比呂志先生の「たそがれ酒場」のスチール写真 | トップページ | ■「七草がゆ」の効用 »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/51989/72483608

この記事へのトラックバック一覧です: ■活動弁士ハルキによる『椿姫』上映を観る!:

« ■懐かしい小野比呂志先生の「たそがれ酒場」のスチール写真 | トップページ | ■「七草がゆ」の効用 »