« 2018年10月 | トップページ

2018年11月

2018年11月11日 (日)

■さて、4人の司会者が揃うととどうなるか!

~立教大学卒業生徳光和夫・関口宏・みのもんた・古舘伊知郎が100周記念事業に立つ~
Photo ◆11月6日付幹事の五島君からRBC38会秋の例会(11月26日・新橋亭)の確認のメールが来た。翌日11月7日の毎日新聞(朝刊)に左の立大池袋キャンパス100周年の広告がでた。徳光和夫氏(1963年社会学部卒)、関口宏氏(1966年法学部卒)、みのもんた氏(1967年経済学卒)、古舘伊知郎氏(1977年経済学部卒)が11月18日池袋でトークイベントをするという。いずれも立大卒の人気のテレビ司会者である。でも一流の司会者が4人も揃ったらどうなるのだろうか。徳さんは我々の38会メンバーである。司会をリードーするのはだれか。興味深い。
しかし事務局も全国紙毎日新聞朝刊への思い切った広告をしたものだ。

◆徳さんには第7回(2014年)江東シネマフェスティバルのゲストトークで見事な講演をしていただいたことがある。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

■昭和35年 成瀬巳喜男監督作品『秋立ちぬ』

~信州から母とともに引っ越しして来た少年が過ごした東京のひと夏~

物語 東京オリンピック(昭和39年)前の東京。ある真夏の日に未亡人の茂子(乙羽信子)は、小学六年生になる息子の秀男(大沢健太郎)を連れて、東京築地で八百屋をやっている兄の常吉(藤原釜足)のところへ引っ越しくる。旅館の住み込み女中として働くになった茂子は、秀男とあまり会えなくなる。夏休みで学校がなく、秀男は近所の旅館の娘・順子(一木双葉)と遊ぶようになる。ある日、茂子は、旅館の客の富岡(加東大介)と駆け落ちしてしまう。残された秀男は、母親(藤間紫)が妾であることに悩んでいる順子と、晴海の埋め立て地に海を見に行く。夏休みも終わりに近付いた頃、信州の秀男の祖母がカブト虫を送ってくる。秀男は順子の家に届けに行くが、順子の家は引っ越したあとで、もう誰もいなかった……。

注1「築地公設」 注2「築地・八百屋」 注3「松坂屋・屋上」 注4「乙羽信子・加東大介」
注5「大沢健次郎・一木双葉」 注6「晴海橋に今も残る鉄橋」 注7「東雲・辰巳水門に残る埋め立て壁面」(注6,7は筆者撮影)

_

_5

_10

_11

9901

6605

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

■18歳で上京し石井獏一の東京オペラ座に入って18年目で主役

~18歳で家出同然で上京し20歳の時、劇団仲間と同棲~

Photo

◆18歳で家出同然で旧制・同志社中学校(現在の同志社高等学校)を中退退学し上京。20歳の時、浅草の劇団仲間と同棲。「愛人」と言っているので結婚はしていなかったのだろうか。彼女は胸を病んでいた。トロンボーン吹きながら看護したという。彼女はそのまま亡くなっている。写真には悦子(えつこ)という女の子を抱えている。母はどうして女の子の名を知っていたのだろうか。悦子さんの生死は分からない。生きていれば私のお姉さんになる。写真は母のアルバムから見つかっている。
◆「トロンボーン」を吹いていたことは父から直接聞いていた。同志社時代やっていたのかも知れない。「コーラス・ボーイでスタート」とは知らなかった。筆者も現在江東区の男性コーラス・パパスコーラスで歌っている。これもなにかの縁かも。
◆彼女が死んでからは、関西新派、ロッパ一座に入所、その後「日活多摩川撮影所」に移っている。
38_1
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ