映画監督小津安二郎の魅力は、この肖像に見られるように「ダンディズム」の一言に尽きる。