『日本の映画ポスター』画像である。1962年製作とある。ポスターには映画製作社名がない。土居通芳監督、宇津井健出演であることから新東宝で製作準備されたが、新東宝の最後の作品は中川信夫監督の『悲しみはいつも母に』(1962年)とされていることから、1961年8月に新東宝が倒産した後に完成し、大映配給となったものと思われる。父・林寛が出演しているが、両方とも私は観ていない。