『清澄白河(駅前)花壇の会』は今年2011年4月で創立5年を迎えた。写真は4月2日(土)例会での5周年記念撮影。会を振り返る。2005年(平成17年)2月26日、第1回「みどりのボランティアってなんだろう」ではじまった江東区主催『みどりのボランティア講座』(全6回・受講生32名)はさらにステップアップ編『駅前花壇を作ってみませんか』講座(2005年7月~9月全3回)が設けられた。初級講座から実習講座まで講師、佐藤留美(NPO法人birth )と東方陽子(造園施工管理技師)両先生の指導を受けた。最終講座は2005年9月17日『清澄白河花壇』で行われた。その修了生有志が2005年10月『清澄白河(駅前)花壇の会』(代表・坂倉達夫、アドバイザー・佐藤留美、東方陽子)を創立。翌年2006年4月1日に江東区土木部水辺と緑の課に正式登録となった。