ステッセル将軍と乃木将軍との有名な『水師営の会見』の場面である。昭和32年公開の新東宝製作『明治天皇と日露大戦争』で有名なシーンである。渡辺邦男監督に乃木将軍役で抜擢された父・林寛(はやし・ひろし)にとっても唯一の準主役の役どころのシーンである。この時の『水師営の会見』が行われた旅順の日本陸軍の建物室内にあった大鏡3枚の内2枚が深川不動堂に寄贈されていた。平成23年12月23日早朝、私の所属する江東観光ガイドクラブでの深川不動堂の勉強会でした。先の写真『おねがい不動』の真裏に男女トイレ入り口前に設置されていた。偶然とは言え、奇妙なつながりである。