リーマン・ショック後の不況も伴って環境問題も低迷気味であるが、電柱や電線を地下に埋めて街並みを綺麗にするとか、ゴミ処理対策としてペットボトルやカン容器のために自動回収機を設置するとか、今だからこそ内需拡大とも合わせて環境対策に資本投下すべき時である。